ズワイガニ 浜ゆで

ズワイガニ 浜ゆで

ベニズワイガニについて

ズワイガニ 浜ゆで

ベニズワイガニ (ベニズワイ、紅ズワイガニ)

日本海、北朝鮮、ロシアなどで水揚げされている。
主にズワイガニよりも水深の深い場所に生息するといわれ、足、胴の腹面含め全体に暗褐色で、
加熱すると全体が鮮やかな紅色になる。
(wikipediaより抜粋)

ズワイガニを探していると、「ベニズワイガニ」などという言葉をたびたび見てはいませんか。
ベニズワイガニはズワイガニと混同されがちですが、実は全く別の種類のカニになります。
ズワイガニが、水深200メートル〜600メートルくらいの海底に生息するのに対して、
ベニズワイガニは、水深500メートル〜2500メートルまでのさらに深い海底に生息しています。

一時期はズワイガニに変わる水産資源として漁獲されるようになったベニズワイガニですが、このカニを「ズワイガニ」として販売している業者もあります。

外見はズワイガニと酷似していますが、全く別の蟹になりますので注意が必要です。

味に関しても甘みは十分なのですが、身が水っぽいために、鍋物などには不向きです。
「激安ズワイガニ」などと謳っている商品に関しては、ベニズワイの表記が小さくなされているかもしれませんので購入前にチェックをしましょう。
ベニズワイガニは、身を缶詰に加工されることも多々あります。
また、健康食品にもなっている「キチンキトサン」の原材料としても用いられています。